ルプラック 通販ショッパー

ルプラック

ルプラックは「トラセミド」を有効成分とする利尿剤で、顔や手足のむくみ解消やダイエット、美肌などに効果を発揮します。

ベストケンコーやオオサカ堂などではジェネリックが販売中で、『ダイトール(Dytor)』『トール(Tor)』などをネット通販で購入可能です。ラシックスの代わりの利尿剤としても大変人気です。

ルプラックの価格比較(トール20mg)

トール20mg

トール20mg 30錠
販売価格 送料 ポイント
ベストケンコー 1,031円~ 無料
オオサカ堂 1,752円~ 無料
LDBウェブ 2,180円~ 無料 ×
安心通販マート 2,480円~ 700円
田代インポート 2,810円~ 400円 ×
GINGストア 3,320円~ 650円
Amazon・楽天 取扱なし 取扱なし

ルプラックの価格比較(ダイトール10mg)

ダイトール20mg

ダイトール10mg 75錠
販売価格 送料 ポイント
ベストケンコー 1,436円~ 無料
LDBウェブ 2,250円~ 無料 ×
安心通販マート 2,980円~ 700円
田代インポート 3,300円~ 400円 ×
GINGストア 3,680円~ 650円
Amazon・楽天 取扱なし 取扱なし

ルプラックの概要【通販ショッパー】

ルプラックなどの排尿改善薬は、カリウムの排出を抑制するループ利尿薬に分類されます。有効成分であるトラセミドは強い利尿作用を持ち、腎臓のヘンレ蹄に作用して利尿効果を発揮します。排尿を促すことで体内に残った水分による浮腫(むくみ)を大幅に解消する効果があります。

ルプラックは、心臓、腎臓、肝臓の機能低下によるむくみや高血圧の改善に効果があります。有効成分のトラセミドは、ラシックス(有効成分フロセミド)の10倍の強力な利尿作用があるとされています。血圧を下げる効果はラシックスよりもマイルドなため、血圧に問題のある人でも使いやすいです。むくみ解消が目的でしたら、ラシックスよりもルプラックの方が適しているという専門家の意見も多いです。

有効成分のトラセミドは強力な排尿作用を持ち、高血圧やむくみを改善します。体内の余分な水分や塩分を尿として排出することで、むくみの原因となる水分の滞留を解消します。排尿が喚起されると、血流を下げることになるので、急激に上昇した血圧を低下させるのにも効果的です。

トラセミドにはアルドステロンというホルモンを抑制する働きがあり、水分やナトリウムの再吸収し、カリウムの尿中への排出を促します。血液中のカリウムを保持しながら、利尿作用によって高血圧やむくみを治療することができます。

ルプラックを服用すると、利尿作用に伴う降圧効果(血圧低下)も期待できます。トラセミドは、体内の水分とナトリウム(塩分)の放出を促すことで、血管を流れる血液量を減らし、血圧を下げる効果があります。ルプラックの有効成分であるトラセミドは、日本以外の国でも高血圧症の治療薬として使用されています。

利尿剤を使うとカリウムが不足しやすいのですが、トラセミドは抗アルドステロン作用がある成分なので、カリウムの排出が少なく副作用が出にくいです。また、脂肪質置換や耐糖能への誘導効果も少ないので、食事の影響を受けないというメリットもあります。

有効成分のトラセミドは、「ループ利尿薬」と呼ばれる利尿剤です。ループ利尿薬は、数種類ある利尿剤の中でも最も強力な部類になります。腎臓の腎尿細管による体内の塩分や水分の再吸収を抑制し、尿と一緒に排出します。余分な水分や不要物を同時に排出することで、ダイエット効果や肌のツヤを良くする効果も期待できます。むくみが気になる方や、水膨れで体重が減りにくい方におすすめです。

フロセミドは短時間作用するタイプの薬ですが、トラセミドは長時間作用型の薬です。そのため、心不全による死亡率がフロセミドよりもトラセミドの方が低いという研究結果が出ており、慢性の患者さんに適していると言われています。

ルプラックは、体内で使われていない水分を出すことで、血圧や顔の浮腫み(むくみ)を抑える利尿剤で、頼もしい味方です。「ラシックスでは副作用が出たけど、ルプラックでは問題なかった」という口コミも掲示板やSNSでは見かけます。むくみや体重減少のための利尿剤を探している方は、ぜひとも検討してみてください。