アボダート 通販ソーシング

アボダート(Avodart)は、デュタステリド0.5mg配合の薄毛を改善するお薬です。オオサカ堂やベストケンコーなどの個人輸入代行サイトからネット通販で購入でき、1錠100円以下のリーズナブルな価格で販売されています。

国内で販売されている「ザガーロ」と同じ成分が配合され、プロペシアよりも男性型脱毛症(AGA)に対して強力な効果が期待できます。世界的な製薬企業であるグラクソ・スミスクライン社の正規品をオオサカ堂などでは販売しています。

プロペシア(フィナステリド)では薄毛のが進まない程度の効果しかなくても、アボタード(デュタステリド)を使用することで発毛効果が高まります。AGA治療は何よりも早期治療が肝心です。これが抜け毛の予防および薄毛改善につながると言われています。初期脱毛、抜け毛の増加、薄毛、生え際の悩みなどに悩んでいる方は、AGAにも効果のあるアボダートを一度試してみるよう推奨されています。

デュタステリドは男性の前立腺肥大症と男性型脱毛症(AGA)の両方に効果がありますが、服用してすぐに効果が出るわけではありません。最低でも半年間は毎日欠かさず服用することをお勧めします。6ヶ月~1年経っても改善が見られない場合は、ミノキシジル育毛剤との併用も検討してください。

アボダートはデュタステリドを主成分とした内服薬で、国内で販売されている「ザガーロ」と同一成分が配合されています。DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンを抑制する効果があり、男性型脱毛症に有効性が認められています。

DHTは、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンと5αリダクターゼが結合して発現する男性ホルモンの一種です。しかし、成人男性の場合、抜け毛や薄毛の原因となります。そのため、DHTの生成を抑制することで毛髪環境が改善され、発毛につながります。

日本では、デュタステリドを含む「アボルブ」が2009年から前立腺肥大症の治療薬として承認されており、2016年からは「ザガーロ」という商品が発売され、これは男性の男性型脱毛症(AGA)に有効性があるものとして承認されています。アボダートは海外版のザガーロで、グラクソ・スミスクライン社が製造しています。

アボダートの有効成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで前立腺肥大を小さくする効果が期待されており、DHTの産生を抑えることでAGA(男性型脱毛症)の治療にも推奨されています。アボダートは、抜け毛の予防にも使用できます。

アボダートは抜け毛を止めるだけでなく、他の育毛剤よりも育毛・発毛効果が高いのが特徴です。教科書通りの薬で副作用もわずかで、安全に服用できます。アボタード(Avodart)0.5mgは、プロペシアの有効成分であるフィナステリドの効果を強化したAGA治療薬です。新しいAGA治療薬として、通販でも購入される男性が増えてきています。

デュタステリドはフィナステリドと比べて半減期が非常に長いため、週1~2回だけ服用している方もいます。それ以外の日はフィナステリド(プロペシア・フィンペシア)などを服用することで体への負担を軽減することが可能になります。