No.89

おおさか食育マガジン−2017年11月号−

 紅葉の綺麗な季節になりました。
 食欲の秋、スポーツの秋、秋の夜長、と四季の中では愉しみが多いこの季節、おいしく楽しくヘルシーに、食欲の秋を満喫しましょう!

今月号の情報一覧

イベントニュース

「おおさか食育フェスタ2017」を開催しました!

11回目となる今年は、イオン野田阪神店で2日間にわたり開催し、延べ4,821人にご来場いただきました。

イベントでは、朝食・野菜の摂取、減塩、栄養バランス、大阪産の農林水産物などをテーマとした体験型ブースや食料品売場を探検するスーパー探検隊を実施し、来場者へ啓発を行いました。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました!

とき
8月18日(金曜日)、19日(土曜日)10時00分から17時00分
ところ
イオン野田阪神店 1階プラザ(催し物会場)
主催
大阪府、大阪府食育推進ネットワーク会議、健康おおさか21推進府民会議
協賛
健康おおさか21・食育推進企業団(味の素株式会社、花王株式会社、
カゴメ株式会社、 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 ※五十音順)
会場協力
イオン野田阪神店、公益社団法人大阪府栄養士会

フェスタの詳しい実施内容は、イベント情報ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

おおさか食育マガジンからのお知らせです

管理栄養士・栄養士養成校一覧ページを更新しました!

このページでは、近畿圏内の管理栄養士・栄養士養成校を紹介しています。
平成26年7月からページをリニューアルし、より見やすく各養成校の情報を掲載しております。

今月は、大阪樟蔭女子大学、大手前栄養製菓学院専門学校、関西福祉科学大学、帝塚山学院大学、大阪夕陽丘学園短期大学計5校のオープンキャンパス等のイベント情報が更新されています!

詳細は、管理栄養士・栄養士養成校一覧ページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

みんなで広げよう!おおさかの食育

        @ごちそうさま。 よろしおあがり。
          感謝の気持ちを大切に、減らそう「食品ロス」
        A「旬の野菜たっぷりメニュー」しゅんぎくとなめこおろし和え

ご存知ですか? 「よろしおあがり」

最近ではあまり使わなくなった言葉かもしれませんが、昔の大阪の一般家庭では当り前に使われていた言葉 「よろしおあがり」
 食事のあとの「ごちそうさま」に対して、「私の料理を食べきってくれてありがとう」の気持ちを込めて返すことばです。
食べる人、作る人の感謝の気持ちを表す、古き良き大阪弁ですね。

減らそう食品ロス

まだ食べられるのに捨てられてしまう食品、いわゆる「食品ロス」は全国で年間621万トン(推計)発生しています。

 このうちの約半分は、家庭での食べ残しや使い切れなくて捨ててしまった食品などです。
  • 冷蔵庫に入れたままにして、気がついた時には食べられなくなっていた。
  • 「安く売られていたから」と買い過ぎて、結局使い切れずに捨ててしまった。
 そんな経験はありませんか?もったいないですよね。

家庭から発生している食品ロスは、日常のちょっとした心がけや行動で減らしていくことができます。

「ごちそうさま」、「よろしおあがり」の言葉のように、食べ物への感謝の気持ちを大切にして、みんなで食品ロスを減らしていきましょう。

「旬の野菜たっぷりメニュー」しゅんぎくとなめこおろし和え

関東では花が秋に咲く菊に対して、春に咲くから「春菊」。
大阪では葉を食べる菊なので「菊菜」と言われ、全国2位の生産量を誇っています。

大阪の冬の鍋物には欠かせない野菜で、カルシウム等の無機質やビタミンAが多く含んだ緑黄色野菜です。

【材料4人分】
・しゅんぎく…100g ・なめこ…100g ・だいこん…200g ・ゆずの皮…少々 
・酢…大さじ1杯 ・しょうゆ…少々 
【作り方】
(1)しゅんぎくはたっぷりの熱湯に根元から入れて茹で、冷水にとって水気を切り、3cmぐらいの長さに切りそろえる。
(2)なめこは熱湯でさっと茹で、ざるにあげる。
(3)だいこんはすり下ろして軽く水を切り、しゅんぎく、なめこと合わせて酢を混ぜる。
(4)食べる前に、ゆずの皮をすり下ろして、しょうゆを適量かければできあがり。
ページの先頭へ戻る

 今月の食育マガジンの情報の評価を下のボタンから投票をお願いいたします。

食育マガジン投票画面が別ウインドウで開きます。

 食育マガジン・バックナンバー

ページの先頭へ戻る