トリキュラー 通販web窓ロ【即日・早く届くサイト】

トリキュラー21

 

 

低用量ピルの定番商品「トリキュラー」は、web通販で簡単に購入することができます。

海外製品(もちろん正規品)を輸入すれば、1ヶ月分が700円~900円程度で手に入るので、クリニックで購入するより断然コスパが良いです。クリニックに行く必要もないので、お金と時間の両方を節約できますよ。

この記事では、トリキュラーズを通販で安く購入できる通販サイトを比較しています。また、送料無料や即日発送に対応しているサイトも紹介しています。これからトリキュラーズの通販を考えている方のお役に立てれば幸いです。

トリキュラーの通販web窓ロ

トリキュラーは海外通販サイトから主に購入できます。ここでは、webでの知名度が高く、安全に購入できるサイトの価格を比較しました。

海外通販では送料が高いサイトもありますので、実際に購入する時は注意してくださいね。

トリキュラー21(1ヶ月分)
販売価格 送料
ベストケンコー 700円~ 無料
お薬なび 960円~ 1,000円
IMPストア 1,480円~ 無料
あんしん通販 1,580円~ 700円
ビューティベイ 1,810円~ 400円
輸入代行高城 2,150円~ 無料
TOPDD 2,700円~ 300円

⇒ 本日最安で購入できるサイトはこちら

 

トリキュラーは即日発送可能?届くまでの日数は早い?

web通販のトリキュラーは海外からの発送となるため、手元に届くまで2週間ほどかかることが多いです。発送国は、台湾、香港、シンガポール、インドなどです。

トリキュラーを最安値で販売しているベストケンコーでは、シンガポールや台湾からトリキュラーを発送しています。お届けの目安は1週間から2週間程度です。

ベストケンコーは配送体制が整っている大手サイトで、送料無料や非常に早い配送で有名です。他のサイトではもう少し配送に時間がかかる場合もありますが、1ヶ月を超えることはまずありません。

ベストケンコーは、個人輸入代行サイトとしては珍しく、クレジットカード(MasterCard・JCB)での決済が可能です。銀行振込のように入金確認に時間がかからないため、クレジットカード決済の場合、即日発送が可能です。

さらに、北海道や沖縄にお住まいの方でも、全国送料無料です。また、成分鑑定を行っているため、偽造品の心配もありません。

ベストケンコーのトリキュラーには、2,500件を超えるユーザーレビューが投稿されています。初めて購入される方は、ぜひこれらの口コミを参考にしてみてください。

⇒ 最新レビューはこちらでチェック

 

トリキュラー21・28の概要

低用量ピルの国内トップブランドとして知られるトリキュラーは、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが有効成分として配合されています。低用量ピルのメリットは、1日1錠の服用で高い避妊効果を得られることです。

低用量ピルは自然な形でホルモンバランスを変化させるので、副作用の心配も少ないです。黄体形成ホルモンと卵胞形成ホルモンの2つの女性ホルモンを毎日服用することで、妊娠中と同じホルモンバランスを作り、排卵しないようにするのです。

トリキュラーは、子宮内膜の増殖を抑え、受精卵が子宮に着床しにくくします。子宮内膜は受精卵のベッドとなるもので、これが増殖して厚くなると受精卵が着床しにくくなり、結果として妊娠がうまくいかなくなるのです。

日本では、トリキュラーは避妊を希望する女性に処方される経口避妊薬として1999年に承認されました。トリキュラーは、その確実な避妊効果と40年以上にわたる使用実績から、多くの婦人科で処方される経口避妊薬となっています。海外から個人輸入できるトリキュラーと日本製のトリキュラーに差はありません。

ピルを服用すると、卵胞を成熟させるホルモンの分泌が抑制され、排卵がなくなります。これは、低用量ピルを飲んで女性ホルモンを体内に取り込むということは、女性ホルモンが多く分泌されている、つまり妊娠していると脳下垂体が学習してしまうからです。万が一排卵があっても、子宮内膜が入れ替わることで受精卵の着床を抑止することができます。子宮内膜がゆるむことで、月経痛が軽減され、月経血の音の大きさが減少し、摂取時の不正出血の発生率が減少します。

トリキュラーは、日本国内のクリニックで処方してもらうことができます。低用量ピルなどの避妊薬は保険適用外なので、すべて自費で購入する必要があります。海外製品のネット通販も保険適用外ですが、1ヶ月分を1,000円以下で購入できるため、経済的負担は大きくありません。

排卵は、性腺ホルモンの1つである黄体形成ホルモンが体内で大量に分泌されることで起こります。黄体形成ホルモンの分泌が制限されると、排卵が起こらなくなる。低用量ピルの薬理作用としては、排卵抑制、子宮内膜増殖抑制、子宮頸管(子宮の入り口)の粘液の入れ替えの3つが最もわかりやすいと思います。

トリキュラーは、ドイツのバイエル薬品が開発・販売している低用量ピルです。避妊効果のほか、ホルモンバランスの維持、月経痛・月経不順の改善、貧血予防、更年期障害の停止などの効果があります。

トリキュラーの避妊効果は、服用している期間のみ有効です。服用を中止すると、生理は自然に戻り、妊娠しやすい体になります。トリキュラーの服用を止めてから2ヶ月以内に生理が来ることが予想されますので、トリキュラー服用中の不妊を心配する必要はないでしょう。ただし、服用中に体に大きな変化を感じた場合は、すぐに専門家のアドバイスを受けるようにしてください。