ルミガン ジェネクリ・公式

ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルミガンの概要【ジェネクリ・公式】

「ルミガン」は国内では通販で購入できませんが、海外製品なら個人輸入することが可能です。大手通販サイトのベストケンコーやオオサカ堂では、ルミガン正規品の他、ケアプロストやビマットなどのジェネクリ版も販売しています。ルミガンは値段が少し高めですが、先発品の安全性を重視する多くの女性が今でも通販しています。

ルミガンを専用のブラシで目元に塗布することで、まつげの成長を促す効果が期待できます。成分を浸透させるために、必ずアイメイクを落としてから塗布してください。ルミガンは、まつ毛の育毛や増毛に効果がありますが、色素沈着による塗布部分の黒ずみ、かゆみ、目の充血などの副作用が一部で報告されています。2~3ヶ月使用してトラブルが起きれば使用を中止するよう推奨されています。

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、「ヘアサイクル」(Hair Cycle)に働きかけます。ヘアサイクルとは、まつげの成長サイクルのことです。まつ毛には、太く長く成長する成長期、毛母細胞が消滅して成長が止まる退行期、そして毛が抜ける休止期があります。一般的に使用されているまつげ美容液とルミガンの違いは、まつげの成長効果を検証する臨床試験が行われていることです。市販のまつげ美容液は、効果を示す臨床試験を行っていないため、効果にはあまり期待できないのが実情です。

ルミガンは、米国アラガン社が開発したまつげ育毛剤で、まつげに1滴直接塗布することで、有効成分ビマトプロストの働きにより、まつげの成長を促します。有効成分ビマトプロストは、メラニンの生成を活性化し、まつ毛の色を濃くする作用があるため、有効成分ビマトプロストによって生成された新しいまつ毛は、元のまつ毛よりも濃く、太く、長くなります。ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、アラガン社によって開発されました。ビマトプロストは、まつ毛の毛包に作用して、ヘアサイクルの成長期を長くすることで、毛髪のボリュームアップが期待できます。

日本では緑内障の治療用点眼薬としてのみルミガンは承認されています。まつ毛用の育毛剤としては承認されておらず、美容目的では「グラッシュビスタ」という製品のみ認可されています。日本製ルミガンには海外製と同じくビマトプロスト0.03%が配合されていますが、まつげ育毛剤としては承認されていません。しかし、点眼薬ではなく、グラッシュビスタと同じようにまつ毛に塗布すれば、まつ毛育毛剤と同じような効果が期待できるのです。

ルミガンは、まつ毛をより長く、より太くするための育毛剤です。ビマトプロストを有効成分とする先発医薬品です。アラガン社が製造・販売しています。米国での承認以降、ビマトプロストを有効成分とするまつげ育毛剤は、「Lumigan」のほか、「Glash Vista」、「Latisse」などの製品名で販売されています。また、「ケアプロスト」や「ビマット点眼液」などのジェネリック医薬品も登場していますが、いずれも「ルミガン」と同様の効果があり、まつ毛を美しくしたいと願う多くの女性に愛用されています。ルミガンは、まつげエクステやつけまつげなどの負担なく、自然にまつげを育てることができるので、自然で美しい目元になるのが特徴です。