デュタステリド 通販ボックス

アボダート(デュタステリド0.5mg)

デュタボルブ(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

 

 

デュタステリドの概要【通販ボックス】

デュタステリド(Dutasteride)はフィナステリドより強力な効果が期待される成分で、国内ではザガーロという商品が販売されています。デュタステリド配合製品は通販で個人輸入することも可能です。アボダートやデュタス、デュタボルブなどのジェネリックをオオサカ堂やJISAなどからネット通販で入手できます。

デュタステリドは厚生労働省が医療用医薬品の判定を受けるために必要としている臨床試験を通過した成分なので、ザガーロを手に入れるためには通常は医師の診察が必要です。海外からの個人輸入通販ならその必要はなく、アボダートなどのデュタステリド配合商品をスマートフォンなどから手軽に注文できます。

フィナステリドはI型の5αリダクターゼに作用しない成分なので、I型とII型の両方の5αリダクターゼに作用するデュタステリドの方が、より高い治療効果が期待できます。DHTは男性ホルモンの一種で、これが男性型脱毛症(AGA)を引き起こす要因でとなります。I型とII型の5αリダクターゼを阻害することにより、デュタステリドはより強力にDHTを抑えます。

DHTは、5αリダクターゼと、男性ホルモンの95%を占めるテストステロンが結びつくことで生成される男性ホルモンの一種です。DHTは、胎児などの幼い子どもでは成長の改善につながる非常に重要なホルモンですが、成人男性では体毛の増幅や脱毛(抜け毛)に影響します。そのため、DHTの生成を抑えることで、発毛・育毛につながります。デュタステリドは、男性型脱毛症(AGA)の治療にも用いられます。デュタステリドは、5αリダクターゼ酵素を阻害することで、頭皮のDHT(ジヒドロテストステロン)の濃度を低下させ、男性型脱毛症を改善します。

AGAの治療には継続的な投薬が必要なため、費用対効果に優れ、信頼性の高いインド製のジェネリック医薬品は、抜け毛に悩む男性にとって大きなメリットとなります。デュタボルブやデュタスは、ヘアサイクルを正常な状態に戻すことを目的としたAGA治療薬です。先発医薬品であるザガーロのジェネリック医薬品であり、価格も安いのが特徴です。

デュタステリドの副作用として、下痢、黄疸、肝障害なども報告されていますが、発症頻度は高くありません。また、EDやリビドー減退なども報告されていますが、これらの症状が現れるのは1%程度です。フィナステリドよりも多少副作用に注意する必要はありますが、ネットの口コミではデュタステリドの方が体に負担がかかるといった内容は少ないです。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、誰もが体内に持っている男性ホルモンであるテストステロンから、5αリダクターゼという酵素によって生成されます。DHTの濃度が高くなると、前立腺肥大や抜け毛の原因になりやすいのです。そこで、デュタステリドで5αリダクターゼ酵素の働きを抑えれば、DHTが減少し、前立腺肥大や抜け毛が少なくなるのではないかと考えられ、開発につながりました。現在では多くの研究論文でデュタステリドの有効性が認められています。

アボダート(Avodart)はイギリスのグラクソ・スミスクライン社(GSKファーマ)が販売している医薬品で、前立腺肥大症の治療薬であると同時に、ジェネリック医薬品のデュアライト群を抑えて、デュタステリドを中心としたAGA治療薬として先行していたものです。プロペシアは、脱毛の原因となる酵素に作用することで、悪玉男性ホルモンの増加を抑制する働きがあります。しかし、2つの酵素のうち1つにしか作用しないため、効果が出ないケースもありました。アボダートのようなデュタステリド配合製品は、プロペシアで十分な効果がなかった人に推奨されています。