アジー 通販 もえ薬局

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの概要【通販 もえ薬局】

大手のシプラ社が製造するジスロマックジェネリックがアジー(AZEE)です。アジーは通販することができ、250mg版なら1錠700円、1000mg版でも2,000円ほどのリーズナブル価格で購入できます。ベストケンコー・オオサカ堂・お薬なび・アイドラッグストアーなどの個人輸入代行業者からアジーはネット通販で注文できます。

アジーは、抗菌スペクトル(抗菌作用を発揮する分野)が広いことと、病気の部位に取り込まれやすく、長く効き続けることにあります。有効成分の「アジスロマイシン」は、クラミジア治療の有力候補である「ジスロマック」にも含まれ、同等の効果が期待できます。ジェネリックのアジーはジスロマックよりトータルコストが50%近くになるというメリットがあります。ジスロマックにはない大容量の1000mg錠があり、1錠でクラミジア治療が可能で、インド大手のシプラ社が製造しています。

1回の服用でクラミジアを治療できるようにするには、大容量のアジー1000mg錠を使えば、少量ずつ服用する手間が省けるだけでなく、「飲み忘れの心配がない」というメリットもあります。飲み忘れると菌が耐性を持ち、薬が効かなくなる可能性があるので、抗生物質の飲み忘れは治療の成否を左右する重要な問題です。

アジーが適用のある菌には、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、淋菌、レジオネラ・ネオモフィラ、クラミジア、マイコプラズマ、ペプトストレプトコッカス、モラクセラ(ブランシチュラ)、インフルエンザ菌、プレボテラなどがあります。これらはマイコプラズマ属のものです。菌が残っている場合は、再発してさらに症状が悪化する可能性があるので、症状が治まってから1週間程度は薬を飲むことが推奨されています。

有効成分のアジスロマイシンは体内で長時間作用して何度も起こす特徴があるので、飲み忘れを防ぐために服用回数を減らすことが大切です。他の抗生物質に比べて副作用が少なく、下痢や腹痛、吐き気などの目立たないというメリットがあります。一部の薬剤を含まず、他の薬剤との相互作用も少ないと報告されています。

アジスロマイシンを有効成分とする先発医薬品「ジスロマック」の臨床試験では、成分の有効性が確認されています。アジーを使用する際にどのくらいの用量にするかですが、クラミジア感染症には1回1mg、淋病には1回2000mg、梅毒には1日1回1000mgを5日間投与するという適応があります。また、抗うつ剤として使用できるだけでなく、他の疾患の治療においても使用することができます。

アジーは服用するだけでクラミジアを治療することができるので、面倒な処置が必要なく、強い効果を期待することができる抗生物質だとされます。アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、タンパク質を処理するリボソームという内臓に作用します。アジスロマイシンはリボソームに結合し、リボソームの利用を阻害して、病原体がタンパク質を合成できないようにします。この作用により、アジスロマイシンは病原菌の増殖を抑制します。