アイピル 通販クスリロイヤル【即日で国内発送】

アイピル 通販クスリロイヤル【即日で国内発送】

アイピル(i-pill)は、ピラマル・ヘルスケア社が製造する緊急避妊薬(アフターピル)です。日本で販売されているノルレボ錠と同一成分のピルで、24時間以内の服用で95%の妊娠阻止率だと報告されています。

アイピルはベストケンコーなどの個人輸入代行サイトから通販できます。1箱1錠(1回分)のため、5箱以上まとめ買いする女性が多いです。

アイピルの通販・価格比較(最安値)

アイピル 1錠
販売価格 送料 ポイント
ベストケンコー 750円~ 無料
お薬なび 840円~ 1,000円
安心通販マート 1,120円~ 700円
インポートMD 1,580円~ 無料 ×
SDIT 1,900円~ 300円
TY輸入代行 2,220円~ 580円 ×
Amazon・楽天 取扱なし 取扱なし

即日で国内へ発送してくれるショップは?

アイピルは海外製のアフターピルです。ベストケンコーなど上記で紹介したサイトは海外の卸売業者へ商品を発注し、その輸入手続きを代行してくれるサイトです。

シンガポールや香港、台湾などからアイピルは国際郵便で発送されるため、国内便よりはどうしても日数がかかります。どこのサイトで注文しても届くまで1週間~2週間ほど必要です。

そのため、アイピルが必要な場合はなるべく早く注文しておくといいでしょう。何度も注文するのを避けるためまとめ買いする方も多いです。

ベストケンコーのような業界大手のサイトだと配送のトラブルもサポートしてくれますし、全国送料無料で配送してくれます。また、クレジットカード決済にも対応しているため、入金確認後に即日で商品発送の手配が可能です。

⇒ 送料無料のサイトはこちら

アイピルの概要【通販クスリロイヤル】

アイピル(I-pill)は国内で承認されているノルレボ錠のジェネリック版です。ノルレボ錠と同じ有効成分「レボノルゲストレル」が含まれており、同じ妊娠阻止率が期待できます。

アイピルはリーズナブルで安全な緊急避妊薬で、避妊行為に失敗したときに使用することが認められている緊急避妊薬(アフターピル)の一つです。アイピルは、産婦人科で処方されるノルレボ錠と同じ成分なので安全です。加えて、同じ効果を持ちながら、1回分の価格が最安値で750円前後と非常に安価なのも魅力です。

妊娠阻止率とは、事前に想像した妊娠数と実際に実現した妊娠数の比率のことです。臨床試験では、妊娠を阻止できる推定確率は81%であり、緊急避妊の可能性が高いことを示しています。アイピルを24時間以内に

適切に使用した場合の妊娠阻止率は95%に近いと報告されています。

アイピルは、世界中の多くの女性に愛用されているアフターピルのひとつです。アイピルを個人輸入すれば、産婦人科でアフターピルを処方してもらうよりもはるかに低コストで緊急避妊ができます。ゴムが破れたり、避妊に失敗したりしたときなど、万一のためにアイピルなどのアフターピルを用意している女性も増えてきているとのことです。

性交後に避妊をするためのアフターピルであるアイピルは、性交後72時間以内であれば、緊急避妊薬として高い成功率で使用できます。アイピルは早く飲めば飲むほど避妊できる確率が高くなるので、緊急時にはできる限りすぐに飲むよう推奨されています。

海外では、乱用などで緊急避妊が必要な場合、ドラッグストアでアフターピルを購入することができますが、日本では市販のピルとしては販売されておらず、医師の処方が必要です。妊娠の危険性がある場合には、通常は医師の処方を受けるのがよいでしょう。

一般的に、妊娠はおめでたいことですが、様々な雲行きの中で、必ずしも喜ばしいことではありません。注意してゴムを使用したにもかかわらず、壊れたり外れたりして避妊ができない場合の解決策としてアフターピルがあります。

アイピルは、人工的に子宮内膜を除去し、生理と同じ状態にすることで、生理を早めたり、延期したりすることができます。パートナーとのデートや妊娠しやすい女性には欠かせないアイテムになります。あくまでも緊急時の薬として、実際の使用方法を守って服用するのが良いでしょう。

アイピルは、ネット通販で購入できる緊急避妊薬です。避妊失敗後の意図しない妊娠を安全に防ぐことができます。有効成分であるレボノルゲストレルは、日本の医療機関で緊急避妊薬として使用されています。行為中のゴムの破裂などの失敗をしても、24時間以内にアフターピルのアイピルを服用すれば、95%前後の確率で避妊が成功するとされています。

アイピルは大量に購入することができ、有効期限が2年ほどあるため長期保存することができます。個人輸入でまとめ買いし、常備している女性もいます。

アイピルのようなアフターピルはあくまで万が一の備えです。ゴムなどで正しく避妊し、意図しない妊娠を普段から心がけることが重要です。また、トリキュラーなどの低用量ピルを普段から使っておくとより安心でしょう。